債務整理

お金を借りている人が死んだら借金はどうなるの?

お金を借りている人、例えば自分の親などが死んだ場合
その借金はどうなるの?という疑問にお答えします。
借金そのものは借りている本人が死亡しても原則として帳消しになりません。
遺族がいる場合は、相続すべき人に債務が相続されることになります。

良くある話が債務を残したまま死亡し、遺産相続してしまうと
遺産として残された資産だけでなく債務も相続してしまい、
膨大な借金を相続人が背負ってしまうというケースです。

しかし死亡した人の借金は遺族が絶対に肩代わりしなければ行けないわけではなく、
相続を放棄することで債務を帳消しにすることができます。
この手続きを行わなければ相続したものとなりますので、注意しなければなりません。
相続はプラスもマイナスも両方の資産について対象となるのです。

相続放棄は裁判所に申し立てを行わなければいけません。
それをせずに相続放棄したと主張しても意味がありませんし、
裁判所に申し立てをする際にも注意しなければいけない点があります。
それは財産の一部であっても処分したり使用したりしてはいけないことです。
葬式のお金が必要だから、死亡した本人の口座からお金を出して使った、
となれば一部承認という形になってしまい相続放棄できない可能性が高まります。

財産よりも負債のほうが大きいかどうかわからないうちは、
一部だけとは言っても手を付けてはいけません。
死んでしまったら返さなくてもいいわけではないことを、知っておきましょう。
そして出来れば生前に財産について話し合いをしておくことが大事です。
このことは非常にシビアで難しいことではありますが、しておくことに越したことはありません。

関連記事

お金を借りている人が死んだら借金はどうなるの?
お金を借りている人、例えば自分の親などが死んだ場合その借金はどうなるの?という疑...
かつみ・さゆりの借金生活って長いけど、過払い金が発生してるんじゃないの?
芸能人のかつみ・さゆりって借金生活が長くて27年間返済し続けても、未だに当初の借...
自己整理(自分でやる!)
自己整理とは これは、自分で任意整理をすることです。 場合によっては特定調停を...
任意整理のメリット・デメリット
任意整理とは 基本的には特定調停と同様の手続きです。 違いは、裁判所の公的な手...
特定調停のメリット・デメリット
特定調停とは 特定調停は、 裁判所が間に入って、 今後の返済総額や月返済額に...
個人再生のメリット・デメリット
個人再生は弁護士に依頼する 個人再生については、弁護士に依頼しましょう。 それ...
自己破産のメリット・デメリット
自己破産は自分でできる 自己破産をするとなると、 弁護士に依頼しないといけない...