債務整理

債務整理を依頼するなら司法書士より弁護士の方がいいの?

債務整理を個人で行うのは非常にハードルが高く、現実的には不可能と言えます。
そんな債務整理を依頼する場合、弁護士もしくは司法書士が対象になりますが
依頼するなら弁護士の方が良いとされているのはどうしてでしょうか、
その理由について見てみましょう。

債務整理を依頼する場合、代理人としての資格を持つ弁護士あるいは司法書士となります。
では、代理人としての資格以外に違いがあることになります。
それは、扱うことのできる債務整理の金額に制限があり、司法書士は140万円以下の
債務整理に関して代理人として担当することができます。

弁護士にはその制限がありませんので、140万円を超える場合は自動的に弁護士に
依頼することになります。
この点において、弁護士のほうが司法処理よりも債務整理について有利と言えます。
特に多重債務になると、140万円を軽く超えてくるのが普通になりますので、
司法書士では対応できないのが現実と言えます。

それでも司法書士に依頼する人がいるのは、140万円以下の場合においては
弁護士よりも司法書士のほうが依頼する料金が低いことにあります。
法律的なスキルがあれば司法書士で全く問題ありませんから、料金が安いのであれば
司法書士に依頼する人がいるのは当然と言えます。

これらを考慮した場合、債務整理は弁護士の方がいいのか?に対する答えとしては、
臨機応変に判断すべきであると言えます。
140万円という制限、そして支払うべき報酬、法律的なスキルを考慮して
弁護士、司法書士のどちらに依頼すべきかを判断するのが妥当でしょう。

関連記事

債務整理を依頼するなら司法書士より弁護士の方がいいの?
債務整理を個人で行うのは非常にハードルが高く、現実的には不可能と言えます。そんな...
破産寸前にやってはいけないこと
借金が膨らんで返済できなくなり、破産する寸前の人が絶対にやってはいけないことがい...
夫が妻名義で借りた借金。債務整理するなら夫、妻のどっち?
夫が妻名義で多額の借金をして、返済不能に陥った場合に債務整理をするなら夫?妻?の...
返せない借金は法テラスで解決できるの?法テラスの利用条件、費用等
法テラスは国が設立した弁護士による法律トラブルの相談所のような組織で2006年に...
お金を借りている人が死んだら借金はどうなるの?
お金を借りている人、例えば自分の親などが死んだ場合その借金はどうなるの?という疑...
かつみ・さゆりの借金生活って長いけど、過払い金が発生してるんじゃないの?
芸能人のかつみ・さゆりって借金生活が長くて27年間返済し続けても、未だに当初の借...
自己整理(自分でやる!)
自己整理とは これは、自分で任意整理をすることです。 場合によっては特定調停を...
任意整理のメリット・デメリット
任意整理とは 基本的には特定調停と同様の手続きです。 違いは、裁判所の公的な手...
特定調停のメリット・デメリット
特定調停とは 特定調停は、 裁判所が間に入って、 今後の返済総額や月返済額に...
個人再生のメリット・デメリット
個人再生は弁護士に依頼する 個人再生については、弁護士に依頼しましょう。 それ...

月別アーカイブ