その他

闇金っていくらくらい貸してくれるの?

闇金と言えば法外な金利で暴利のむさぼる悪徳金融の代名詞みたいなもので、
闇金に手をだしたら最後、骨までしゃぶられると言われています。
そのような話を聞くと何百万という借金をさせられてしまうのでは?
という恐怖心があると思いますが、実際のところはどうなのでしょうか。

実は闇金は最初から大金を貸すようなことはしません。
多くのケースで3万円から5万円程度の貸し付けて、額が多くても10万円が
限度ではないかと思います。
思ったよりも少ないな?と感じた人が多いのではないでしょうか。
そうです、消費者金融で借りられる金額よりも圧倒的に少ないのがわかります。

これぐらいのお金なら闇金から借りてもすぐに返せるはずなのに、
どうして闇金から逃げられないのか不思議に思うでしょう。
普通の金銭感覚を持っていればすぐに返済出来てしまう金額です。
しかし、闇金に手を出すような人は多重債務者が多く例え3万円、5万円でも
返済が難しい人たちなのです。

そして闇金は3万円を貸し付ける際に、金利分を差し引いて貸し付けます。
トイチで3万円借りた場合は27000円が手元に残る計算になります。
そして10日後にさらに3000円の利息を要求します。
その際に元金と利息を払えばそこで終了ですが、多重債務者は利息を
払うのが精いっぱいですから元金何て返済できません。
そうこうしてるうちに、利息も払えなくなってしまいます。
そうなると利息を返済するために闇金から追加で借りてしまうという
スパイラルに陥ってしまいます。

元金3万円のトイチ3000円を返済するために、さらに3万円を借入すると
元金は6万円になり、トイチの返済額は6000円になります。
一定額まで貸付すると、今度は利息を返済するために他の金融機関や
親などから工面させて利息だけを払わせて貸し付けた元金以上の
利息をあっという間に搾り取っていくのが闇金の仕組であり、
抜け出せずに骨までしゃぶられる原因です。

関連記事

闇金っていくらくらい貸してくれるの?
闇金と言えば法外な金利で暴利のむさぼる悪徳金融の代名詞みたいなもので、闇金に手を...
夜逃げする方法
借金が膨らんで返済できなくなったり、様々な理由でその場で生活することが精神的、肉...
自分の信用情報を確認したい
自分の信用情報がどんな状態になっているのか、お金を借りたことがある人にとっては気...

月別アーカイブ